虫歯について | 歯科に通うとき、知っておきたいことを解説します

歯科に通うとき、知っておきたいことを解説します

MENU

虫歯について

色を知ることで

虫歯になっているかそうでないか、喫煙者の虫歯を自分で見分けることは難しいことです。そこで、どのような部分に注目すると虫歯なのかヤニなのかを見分ける方法を紹介します。
基本的に虫歯になってしまった場合は歯の奥の部分だけでなく、根子も詳しくチェックしておく必要があります。そうすることによって、虫歯かどうかを確認することができる場合があります。
通常、虫歯は歯の表面にできるので、エナメル質を溶かし、歯の表面に少し穴が空いたような状態になるのです。ヤニの場合はこのような穴は空かないので、この違いを見極めることが重要なのです。
また、虫歯になっているのか自分で判断できても、歯科に通って的確な判断を受ける方が良いのです。歯科では的確な判断をしてくれるだけでなく、ヤニの場合でもすぐに落としてもらうことができるのです。
このように、歯科では様々な処置をしてもらうことができるので、どんな方法で治療をするのか確認しておきましょう。
虫歯には様々な種類がありますが、人によってできやすい人とどうでない人がいるのです。虫歯ができやすい人とは、虫歯にとって最適な環境となっている人です。
具体的に説明すると、歯を磨かないことが多い人は虫歯が繁殖しやすい状態になっているので、かかりやすいといえるのです。歯科ではそのような状態も詳しくチェックすることができます。
また、虫歯ができやすい人の特徴は口内が乾燥している人です。口内が乾燥していると菌が繁殖しやすくなっているので、虫歯だけでなく風邪などの病気にもかかりやすくなっているのです。